気になる日本映画達<アイツラ>2016「後妻業の女」「日本で一番悪い奴ら」

最近観た映画の話。新文芸坐で「後妻業の女」「日本で一番悪い奴ら」を観ました。2本とも昨年公開された映画です。どちらも人間の「欲望」を描いている作品です。とても面白いのでおススメです。

 

 

「後妻業の女」(監督:鶴橋康夫

金持ちの高齢の男の後妻に入り、全財産を奪う「後妻業の女」を大竹しのぶさんが演じています。

 

「若くして夫を失った熟年女性です。好きな事は読書と夜空を見上げることです。私、尽くすタイプやと思います」

 

結婚相談所が主催するパーティーで後妻業の女・武内小夜子(大竹しのぶ)はそう話します。小夜子の魅力に熟年男性はメロメロ・・・。男達は小夜子の餌食になり結婚・・・そして、死。いつの間にか遺産は小夜子のもとへ。

 

小夜子は色香で男を虜にします。結婚相談所の所長・柏木亨(豊川悦司)とタッグを組み、金品を巻き上げる手口を繰り返している後妻業のプロなのです。

口も上手く頭の回転も速い小夜子。しかも、騙しても罪悪感なんてない。どうやったら男が心を許すかツボを心得ています。

老人達に優しい顔を見せたかと思いきや・・・老人の死後、遺族達に本性を露にするんですが、その姿が恐ろしい・・・。

しらーっと遺言状があって、全財産が自分のものになるように書いてあるのです。当然、納得出来ない遺族。小夜子は本当は優しくない。恐ろしい毒舌を吐いて怒鳴り散らす姿もあります。時には殺人も・・・。

 

やはり大竹しのぶさんと豊川悦司さんのコンビが素晴らしく、観客をこの物語にぐいぐいと引き込むエネルギーに溢れています。

 

小夜子(大竹しのぶ)に騙される男達もすごい。津川雅彦さん、六平直政さん、森本レオさん、伊武雅刀さんなどのベテラン俳優達!

 

騙そうとしたのに騙せなかったのが笑福亭鶴瓶師匠。その正体は何と・・・。

 

80歳の9番目の夫・中瀬耕造(津川雅彦)の死後、小夜子に不審を抱く耕造の次女・朋美(尾野真千子)は探偵と捜査を開始します。その謎の探偵を永瀬正敏さんが演じています。この探偵も実はなかなかのクズ野郎でして・・・だんだんとブラックな部分を出してきます。

 

それと小夜子の最初のほうの夫の子どもを風間俊介さんが演じていて、この息子もなかなかのクズ野郎でして・・・いつも何か怒って小夜子と喧嘩しています。でも、小夜子は強い。笑

 

あ、それとね、個人的にすごく注目して欲しいと思うのは樋井明日香さん。「さよなら歌舞伎町」でもヌードを披露しましたが、この映画でも脱いでます。

ちゃっかり者の新米ホステスを演じているんですが、何と豊悦さんの顔をペロリ・・・。そして、豊悦さんとベットイン。タクシーの中でも脱いで着替えちゃう。エロくて、かわいい。

 

他にも腕利きの鍵師を演じる泉谷しげるさん、永瀬正敏さん演じる探偵が逃げ込んだ先で出会う謎の獣医を柄本明さんが演じています。そして、皆さんやっぱりお金大好き。

 

というわけで「後妻業の女」は見どころ満載です。犯罪もの・・・なんですが、重たい感じではなく、コメディーぽいところもあって楽しく観る事も出来ると思います。しかもなおかつ人間の「欲望」を上手に描いている傑作です。

あゝ・・・人間の欲望は果てしがない・・・。

 

 

 

「日本で一番悪い奴ら」(監督:白石和彌

現役警察官による覚せい剤取引や拳銃売買、不正捜査などを描き、さらにその背景にある警察の裏の部分も描いた作品です。よく上映出来たなぁ・・・と思うくらい、実はヤバい映画なんです。

北海道警察において発生した「日本警察史上最悪の不祥事」と呼ばれる「稲葉事件」というのがありました。その不祥事の中心人物、稲葉圭昭氏が出所後に書いたノンフィクションが原作です。つまり、この映画は実話をもとにしているんです。当然、この映画の主人公のモデルは稲葉圭昭氏。

 

主演は綾野剛さんです。役作りが素晴らしく、見事に悪徳刑事を演じきっています。その圧倒的な芝居から目が離せません。

 

大学柔道部で名を挙げた諸星(綾野剛)は、北海道警察にスカウトされ刑事になりました。ですが、諸星は捜査も事務もロクに出来ません・・・。自信を失っている時、先輩刑事・村井(ピエール滝)が声を掛けてきます。

 

「刑事が認められるには犯人を挙げて点数を稼げ。その為には協力者・S(エス、スパイ)を作れ」

 

そう教えられた諸星は自分の名刺をいたるところにばら撒き、裏社会との接触を図ります。そして、暴力団幹部・黒岩(中村獅童)と意気投合し、兄弟盃を交わします。それ以降、S(エス、スパイ)となった黒岩から裏社会の情報を提供されるようになります。

 

その後、札幌中央署暴力犯係(マル暴)に異動した諸星。黒岩からロシア語が堪能な山辺太郎(YOUNG DAIS)、さらに太郎からロシアンルートの拳銃横流しに精通するパキスタン人アクラム・ラシード(植野行雄)を紹介されます。こうしてS(エス、スパイ)の仲間を増やしていきます。

そして、摘発数を稼ぐ為に違法まがいの捜査に手を染める諸星・・・。

 

さらにその後、諸星(綾野剛)は新たに新設された銃器対策課に異動になります。上司から手っ取り早く銃器の摘発を促される諸星。所持者不明の拳銃をコインロッカーに入れ、摘発を偽装・・・。どんどん摘発手段はエスカレートしていきます。

そして、ついに・・・。

 

諸星は刑事になった当初はむしろ猪突猛進型の純情な青年でした。でも、そのままだと警察の中では生き残れなかったかも・・・しれません。悪徳先輩刑事のアドバイスを真に受け、一所懸命名刺を配り、裏社会との接触を図ります。「日本一の刑事になりたい」という思いはエスカレートし、ほとんど違法な捜査で頭角を現していくのです。

 

顔も物語が進むにつれて、どんどん凶悪になっていきます。服装だって変わってきます。金回りがよくなるにつれて派手な格好になってきます。

口も悪いし、殴る蹴ると言った暴力だってします。やくざもいつしか諸星を恐れるようになります。いったい、やくざなのか刑事なのか、もはやよくわからない・・・。

 

こんな刑事がいるのも驚きですが、悪事は諸星だけではなく北海道警察まで関わってくるというのはさらに衝撃的です。成績を上げる為に密輸拳銃を買い受けたり、諸星が提案する違法なおとり捜査に同調したりします。諸星のような悪徳刑事を生み出す原因は警察内部にあったとこの映画を観て思いました。

 

後半、友に裏切られた諸星は出来心から覚せい剤を自らに打ってしまいます・・・。諸星が決定的に転落していく瞬間です。

 

とにかく綾野剛さんがどんどん悪くなっていく姿が印象に残ります。人間ってこんなに変るんだなぁ・・・と。周りの環境が悪いと・・・悪に染まるんですね・・・。

そういえばタイトル・・・「奴」じゃなくて「奴ら」ですよね。つまり悪いのは諸星だけじゃなくて、その周りの奴らも悪。

あゝ・・・環境って大事なんだなぁ・・・。